南山大學友の會會長
株式會社槌屋
取締役會長
大原 康之

拝啓 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さてこの度、「南山大學友の會」の紹介とご案內をさせていただきたいと存じます。「南山大學友の會」は、南山大學の教育?研究に副い、その発展に貢獻し、併せて南山大學と會員様との紐帯の強化、地域社會との協力関係の促進に寄與することを目的として、1951年(昭和26年)に設立されました。活動の中心として、外國人留學生、海外へ留學する學生、および學費支弁が困難な學生への奨學金給付事業を行っております。

グローバル化が進む中、國際的センスを身につけ、語學力だけでなく、異文化理解力?情報発信力などの能力を備えている人材の育成が求められています。國際性を特徴とする南山大學は、外國人留學生の受入れや日本人留學生の派遣制度において、長い伝統を持っております。友の會ではこの奨學金事業を社會的使命として、今後も南山大學のさらなる発展のために、より一層の努力をしていく所存です。

つきましては、本會の趣旨にご理解?ご賛同いただきまして、是非この機會にご加入いただき、皆様のご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

敬具

南山大學長
ロバート?キサラ

南山大學は、キリスト教世界観に基づき、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを掲げて、教育に取組んでおります。學生が自らの尊厳を正しく理解するとともに、他者の尊厳も認め、多様な価値観の人々が共存する地域社會や國際社會に十分に貢獻できるように養成することが本學の目標です。

南山大學では、2007年、20年後の將來像(グランドデザイン)を策定し、そのビジョン?キーフレーズを「個の力を、世界の力に。」と定めました。その中で「世界で選ばれる大學」「世界に人材を輩出できる大學」を実現していくことを謳い、戦略的な取り組みを実踐しております。友の會の皆様にご支援いただいている奨學金により、本學に世界各地から留學生が集い、また本學學生が世界各國で學ばせていただいており、國際性の推進に向け力強いサポートとなっております。

今後も國際教育をより充実させ、留學生の受入れや派遣を通した國際貢獻をさらに推進したいと願っておりますので、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看