事業の背景

急速なグローパル化に伴い、我が國と世界各國との経済社會の一體化が進展する中、教育?訓練システムや、知識?技術の修得証明、企業における雇用や処遇などもより緊密に連関するとともに、將來的には各國の社會システムが一層密接に関連しながら発展することが予想されています。こうした中、國內外の企業においても、自國、他國の出身にとらわれない、グローパルに活躍できる人材の登用、養成が求められており、我が國の大學教育においても、こうした潮流に呼応した、教育プログラムを構築していくことが急務です。
翻って、我が國の大學教育は、伝統的に國內向けの雇用市場に連動して行われてきて おり、これまでは、世界における學生の流動性の高まりや教育の質保証、修得主義 等の潮流を踏まえた取組が優先課題となっていない大學も多く存在したとの指摘が あります(中央教育審議會大學分科會大學グローパル化検討ワーキンググループ「東 アジア地域を見據えたグローバル人材育成の考え方~質の保証を伴った大學間交流推 進の重要性~」(平成22年6月) )。その一方で、すでに東アジア地域を舞臺に、 米國、歐州、豪州、さらには中國、韓國などの有力大學により、優秀な學生の獲得を 見據えた質の高い教育が展開されつつあり、我が國においても、外國人學生?日本人 學生の垣根を越えた協働教育をはじめとする高等教育の國際化の支援、海外大學との 単位相互認定の拡大、日本人學生の海外経験を増やすための取組を強化することがよ り重要となっています。

事業の目的

中南米諸國では、近年の経済成長と政治改革を背景に、多くの國で持続可能な発展を支える高度人材の育成がますます重要となっています。我が國にとっては、この地域は各種資源の供給源、日系企業の活動の場として魅力の高い地域であるとともに、地球規模課題にかかる教育?研究のフィールドとしても注目されています。また、トルコでは、伝統的に親日的な社會を背景に、日本との関係が急速に進展しており、経済?文化をはじめ、幅広い分野で協力が進んでいます。これらを踏まえ、中南米諸國及びトルコとの聞で、交流の基礎となる教育の分野において連攜を進めることには、様々な波及効果を含め、高い期待が寄せられて います。特に、優秀な學生への留學機會の提供を通じて、中南米諸國及びトルコとの架け橋となるリーダ一人材を育成することが大変重要です。

人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看