文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

法律學科

現代社會を見據えて、論理的思考力、表現力などに優れた人材の育成。

學生 / 男子:654名 女子:533名 (2019年5月1日現在)

教員 / 39名

法科大學院の専任教員を含む

教員紹介

學科作成Webページ

海外実習

學ぶ內容

法律は、現代社會の基盤となる規範であり、すなわち利害関係者間での紛爭の予防や発生した紛爭を解決する規範となるものです。本學科では、今後ますます複雑化?高度化する社會における利害関係者の利害を調整する規範を発見?構築でき、またその利害を調整できるよう、現代における法律の枠組みや構造、その理念について探究します。1年次では、現代社會の基盤となる法である憲法?民法?刑法を學び、2年次からは各自の志望進路、興味や関心に沿って學びを深められるよう、法律の専門家を目指す「司法特修コース」、法律を生かせる職業を目指す、あるいは自分の興味?関心をもった領域を學ぶ「行政?ビジネスコース」の2コースに分かれ、學びます。両コースとも、「憲法」、「民法」などの伝統的な法律基本科目はもちろん、「労働法」、「少年法」、「知的財産法」、「消費者法」、「ジェンダーと法」など、複雑化した現代社會で必須となった法領域や、「國際法」、「英米法」など、國際化社會に対応した領域も學ぶことができます。

學科の特色

本學科では、體系的に法律を學べるように、1年次には、法律を學ぶために基礎科目である憲法?民法?刑法を學び、2年次からは各自の志望進路、興味や関心に沿って學びを深められるよう、法律の専門家を目指す「司法特修コース」、法律を生かせる職業を目指す、または自分の興味?関心を持った領域を學ぶ「行政?ビジネスコース」の2コースに分かれます。さらに、1~4年次まですべての學年に、1クラス20名程度の少人數ゼミを開講しています。ゼミでは、學生自身による問題の掘り下げ、他の學生との議論を重ねることによって、主體的かつ雙方向的な學習により、より深い考察力や問題解決力等実踐的なスキルを身につけます。
このほか、裁判所見學?法廷傍聴などの機會を設定し、教室での學習だけではなく、実務の現場を実際に體感し、教室での授業內容を実踐できる力もつけていきます。

想定される進路

現代社會はますます複雑化し、様々な問題を抱えています。本學科は、法律學の勉強を通して、それらの問題を的確に理解し、どのように処理すべきかを適切に判斷できる能力を備えた人材の育成を目指しています。単なる知識の蓄積でなく、法的思考力を磨き、社會を理解し批判する技術や素養を身につけて卒業した學生は、公務員?會社員?教員など多種多様な職業でその能力を発揮しています。また、弁護士?検察官や裁判官といった法曹を目指し、司法試験や國家公務員試験、司法書士試験などの難関試験に挑む學生も増えています。現役で合格した學生による體験談など、勉強方法や経験などは先輩から後輩へと伝授しています。

學科長

法學部/法律學科長 佐藤勤 教授(専攻分野:企業法、金融法、信託法)

佐藤勤 教授

長期研究「企業グループ規制の研究」

企業グループにおいては、グループ企業間の取引における利益相反の問題、子會社の少數株主の保護の問題、子會社に対する親會社のガバナンスの問題等、複雑な問題がある。現在の企業法制は、単體での規整を中心としたものであることから、立法論として、グループ會社規制の在り方の検討を行う。

短期研究「説明義務?適合性の原則」

金融商品取引法など多くの金融関連規制法においては、商品を販売する者に対し、説明義務?適合性の原則を課し、顧客保護を図っている。他方、資金の調達(信用供與)に関する販売に関しては、ようやく法律の整備が著手されたところであり、今後機會が増加するであろう、より関與の度合いの高い資金調達手段を提供する際の金融機関の責任の検討を行う。

學科作成Webページ

法學部法律學科

人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看